FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-21 05:15 | カテゴリ:未分類
圧縮Radioフライヤー
スポンサーサイト
2011-09-19 03:23 | カテゴリ:未分類
このたび、あげは美樹のブログより報告させていただきましたように、2011年9月14日に親父を看取り
9月16日の通夜17日告別式にて最後の見送りをさせていただきました。


95歳という大往生でございましたし、逝く前日まで食事のあと片づけなど自分で行っていました。
前日に多少声が出にくくなり、次の日には病院に行く予定まで話あっていたのですが
自宅で物音がしたことに気づいたとき、すでに意識が遠のいており、救急車にて病院まで行きました。

救急車到着時には心肺停止状態だったのですが、救急隊員の皆様の懸命な蘇生措置により、
一命を取り留め病院で治療を開始しました。

しかし、何分95歳の年齢でございましたし、無理な延命措置をとることは望まないだろうと思い、
自然呼吸にまで回復させていただいた感謝も含め、本人の生命力にかけて最期を迎えようと決断し
人工呼吸器などを取り外しました。

その後安定したかのように思われたのですが、後に少しずつ自己呼吸が難しくなり、
最後は苦しむことなく眠るように天に召されました


呼吸器を外してから、約二時間最後の最後まで自分の力で生き抜いた親父の最期でした。
幸い、たおれてから家族や親族も駆けつけ全員悔いのないように意識はなかったものの
生きている親父に会うことができ、僕自身が看取ることができました


このたびは誰にも知らせずに・・・と考えていたのですが、
感が良いのか虫の知らせか、たおれて病院に到着した瞬間になぜかいつもならなるはずのない時間に
あげは美樹からの電話が僕の携帯電話にかかりました。


その際に隠すわけにもいかず、話すことにはなったのですが、僕の意思や家族の意向もあり、
あげは美樹もすべてを受け止め、僕の思うようにさせてくれました。

本来なら皆様にご報告やご連絡をすべきところもあったろうと思うのですが、
喪主としての自分と息子としての一存で95歳まで生きた親父の最期である
葬儀は親族を中心に執り行わせていただきました。

本当にありがとうございました。

また多数葬儀や通夜へのお問い合わせを頂戴したと聞いておりますが
そのお気持ちだけ頂戴させていただきました、本当にありがとうございました。


僕自身50歳を迎えるころ、業界を引退し、その後に
またこうして地元関西で音楽を通じた社会活動ができるとも考えておらず、
僕の個人的なことでこれほどまでに多数の方が気にかけてくださるとは思いもしませんでした。

このたび改めて、あげは美樹との出会いから広がった
関西での大きなつながりやご縁の中に生きさせていただいていますことを再認識させていただき、
これもまた親父から得た多くの学びのひとつだと心から感謝しております。

今後のスケジュールにつきましては、事務所代表のあげは美樹
マネージメントの大神和馬とも相談をいたしましたが、
予定通りすべてのスケジュールを決行させていただく所存でございます。

皆様からは多数のご心配の声も頂戴しておりますが、
僕の人生やはりギター、そして音楽あっての道と自負しておりますので、
今月、来月のステージ、ショーのスケジュールは気持ち一杯に努めさせていただきたく思います。


まことに勝手だとは思いますが、もしよろしければ、またステージに遊びに来てくだされば幸いです

今回予定しております10月12日のあげはライブは
親父を見送った直後まだ49日も迎えていない喪中でございます。
常識的には自粛すべき活動とは思いますが僕なりの考えで親父にささげる
僕の音楽道としての生き様をギター演奏を通して天国に届けられれば・・・
と考えています

どうぞ皆様不肖な息子であり、非常識なことだとなわかりながらでも
僕の我がままをお許しいただければ幸いです。
今年親父を見送り、現在62歳にして両親を見送ることができました僕の遅い親離れ後初のステージです


どうぞ、客席から支えててくだされば心強く思います。
それでは、長くなりましたが、御礼かたがたご報告とごあいさつにさせていただきます




オフィスあげは サウンドプロデューサー 

古川 健次
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。