FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-24 19:43 | カテゴリ:未分類
故、岡本太郎氏は言いました。『芸術は爆発だ!』と・・・。
まさに本質を射た表現だと思います。

僕自身の音楽歴に於いて、芸術性を追求した記憶がないので、
芸術論を語る気もないのですが、本来、音楽というものは
怒りや悲しみ、苦しみの感情をを吐露する事だと思います。
ただし、その表現方法にはハードorソフトやヘビーorライト、
又は強弱、といった様々なタッチがあると思います。
さらに敢えて極論すれば、単なる幸せや楽しさの感情は音楽に
する必要はないのです。表現の必然性がないのです。
反論の声が聞こえて来そうですが、それに関してはまた後日、
という事で・・・。

色んな音楽ジャンルの中にブルースというカテゴリーがあります。
本来、アメリカ南部で奴隷のように労働を強いられていた黒人の
心の叫びであった音楽(Blues)がその後、ジャズやロック音楽へと
発展して行きました。そのスピリッツはまさにポピュラー音楽の
ルーツといっても過言ではありません。
ブルース進行というコード進行があり、12小節のセブンス・コード
を弾けばそれらしい、ブルージーなメランコリックな雰囲気が
醸し出されますが、それはあくまで形式でありムードにしか
過ぎません。

あげは は音楽形式や音楽ジャンルはよく知りません。又、あまり
興味もないみたいです。(笑) ましてや型にはめられたり、形式に
こだわる事を嫌います。しかし、先日のライブをご覧になった方は
きっと共感されると思いますが、彼女の唄は、紛れもなく
『心の叫び』であり、スピリッツという点に於いては、正に

  あげは はブルース・シンガーである

という結論になりました。
彼女の好む、好まないに関わらず、声質等からしても、
そう思われる方も多いのではないでしょうか?(笑)

今日はこの辺で・・・
では・・・では・・・。






スポンサーサイト
2007-02-23 04:10 | カテゴリ:未分類
2/17、18のライブは終わりましたが、
僕の中にもまだ余韻が残っています。
特に最終日のライブは印象的でした。
あげは の歌はヒヤヒヤものでしたが、
最悪のコンディションの中で、よく唄い切りました。
拍手・・!拍手・・!
あれはもう、歌というよりは、魂の叫び
だったように思います。
バンドの出来もそんなに良くはなかったと
思いますが、終わったあとのメンバーの顔を
見ていると、それぞれに充実感があったように
見えました。特にジョージ君の号泣には、僕も
一瞬驚きましたが、彼の人間性を再確認し、
熱いものを感じました。
明日、あげは事務所にビデオを観に行きます。
反省点も多いと思いますが、楽しみです!

では・・では・・。
2007-02-07 06:14 | カテゴリ:未分類
2/3の「Cocoro」で一応、エンタメも一段落して、今は
2/17,18のPerformance Live へ向けての準備中です。

今回の 『Message~想伝~』は、表現者として舞台に立つ者に
対して、いわば、AGUEHA の基本的な考え方が明確に出ている
作品です。

僕自身、AGUEHA と知り合って、ミュージシャンとして、
最も考えさせられた部分でもあり、正直言って、チョッピリ
複雑な心境でライブを迎える訳です。(笑)

今回の内容に関しては、ステージに立つアーティストに限らず、
一般の人にとっても考えさせられる内容です。 つまり、
日常生活を普通に生きている事、又その人自体、ある意味、
アートであり、表現者であるのだから・・・。


ライブ形式も、いわゆる普通のライブではありません。
あげは的に言うならば、
   単なる郷愁や快楽を共有する空間 ではありません。

ライブが終わって「よく分からなかった!」という人が
いてもいいとさえ、あげは は言っています。
僕としても、一つの問題提示として真摯に考えるきっかけに
なればいいなと思っています。

とはいっても、シャブ中の僕にとっては、ライブが始まれば
思いっきり勘違いしよう!と思っていますし、(笑)
又、観る側も色んな要素が満載で楽しめると思うので、
是非、お楽しみに・・・!


では・・では・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。