FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-30 06:44 | カテゴリ:未分類
先ず、『Player In The Case』を観に来てくださった皆様!

大変、有難う御座いました!感謝!感謝!です。
HF3Y0056.jpg

終わって数日が経っていますが、当日の興奮がまだ身体に

残っている気がします。
HF3Y0045.jpg

当日、僕の生徒でもある若いミュージシャンも何人か観に来て

くれましたが、彼等から質問を受けたり、よく話しをしています。

彼らにとって、普段観に行くライブ・スタイルとは随分と違って

いたので、戸惑いもあったようですが、いろんな意味の刺激も

与えられたようです。
 

僕が一番感じ取って欲しかった事は、チョット大げさな言い方ですが、

表現者としての使命感という事です。
HF3Y0064.jpg

HF3Y0157.jpg


ミュージシャンだからといって、単に歌を唄い、演奏するだけでは、

それは自己満足で終わってしまいます。プロ、アマに関わらず、

人前に立つ限り、ステージに上がる限り、聞き手に何かを伝える使命が

あると思います。上手く唄い、演奏することが大切ではなく、何を伝え

ようとするのか?また、それが伝わったかどうか?が大切な事なのです


今回のライブでは、あげは の多彩な表現力には圧倒されたようです。

あげははミュージシャンではありません。歌手でもありません。

でも表現者、アーティストだといえると思います。

それは唄であり、語りであり、芝居であり、またライヴの構成・演出で

あり、大道具、小道具を含めた舞台装飾でもあるのですが・・・。
HF3Y0153.jpg

HF3Y0015.jpg

HF3Y0054.jpg

HF3Y0183.jpg



何が伝わったかは、一人ひとり、まだ詳しく聞いていないので、よく

分かりませんが、少なくても彼女の表現者としての姿勢や、その熱さ、

や純粋さは充分に伝わっていたように思います。


あげはスタッフの一員として、こういうライブをビジネスとしてのみ

ではなく、今後も続けていく必要があると思います。

それ故に、スタッフ全員が、動員を含め、制作に関してさらに真剣に

取り組む必要性がある事も痛感しました。


では次のライブも又、お楽しみに・・・!

(まだ何も決まっていませんが・・・)(笑)


では・・では・・





スポンサーサイト
2006-11-25 04:45 | カテゴリ:未分類
あげはライブ『Player In The Case』(12/27)が迫ってきました。

内容もほぼ固まり、各セクションのリハも徐々に始まりつつあります。

僕の気持ちの中でも、いい意味の緊張感を感じ始めています。

若いミュージシャン達も観に来てくれそうなので、従来にないライブ・

スタイルである“あげはワールド”を満喫してもらうべく、本番に向けて

ガンバッて行こうと思っています。

内容に関しては当日のお楽しみ!という事ですが、僕自身も経験した事のない

ライブになるかもしれない?という期待と不安が入り混じった複雑な気持ちです。

明日、明後日と、南堀江でのミニ・ライブもあります。そちらの方もヨロシク!

では・・では・・。
2006-11-11 05:13 | カテゴリ:未分類
今日、pm2:00 から南堀江ワールドウェディングであげはとミニ・ライブをします。

洋楽、邦楽のカバー曲やオリジナルを織り交ぜた、at home なライブです。

南堀江へショッピング、散策がてら、気軽にお立ち寄り下さい。
06-11-04_11-331.jpg

06-11-04_11-332.jpg

06-11-04_11-33.jpg

2006-11-10 14:23 | カテゴリ:未分類
あげは はギターという楽器があまり好きじゃないらしい・・・。
好きな楽器はやはりピアノのようだ。
ギタリストの僕にとっては、チョット寂しい話だけど、まァ~、
人それぞれだし、仕方のないコト・・・。
最近、二人でライブを始めたことだし、徐々にギターにも慣れて、
その内、違和感も無くなるのでは・・・?(笑)


という事で、今日はギターの話を少々・・・。


ギターという楽器の歴史はかなり古いものの、楽器としての完成度
という点においては、未だ未完成な楽器である。

チューニングも狂い易いし、音程も不安定だし・・・。

完成度ではやはりピアノが一番!音域も楽器の中で一番広いし、
音程も誰が弾いても安定している。
(ただし調律が正しくなされていればの話し・・・)


ギターは完成度が低い分、逆に言うといろんな可能性を持っている。

例えば、自分独自のチューニングを編出す事も出来るし、
音程も不安定ゆえに、癖を含めて、その人の個性が出しやすい楽器
でもある。

表現力という意味では、僕はヴァイオリンに勝る楽器はないと
思っている。Vibrationにせよ、速いPassageを弾くにせよ、超絶技巧
という点に於いてはやはりヴァイオリンが一番・・・!

それは、楽器の大きさ、形、弾きかた等に起因していると思われる。


僕は現在、4本のギターを持っている。

以前は、20本近く持っていたが、今思うと、若気の至りというか、
ずいぶん無駄な本数だった様に思う。

今は必要に迫られた4本のギターだけが残っている。


その4本とは

 ①フルアコ・エレキ・ギター (Gibson L4CES)

  ホロー(空洞)ボディーでやや大きく、ピックアップが着いている。
  いわゆるジャズ・ギターっていうヤツ。色はギブソンの
  オーソドックスなサンバースト仕上げ。(ブログに写ってるヤツ)
  (今のところ、メインギターとして使用)


 ②ソリッド・エレキ・ギター (Southern Corp. Order-Made)

  ソリッド(単板)ボディーにピックアップの着いた、いわゆる
  エレキギター(ストラト・タイプ)。ロックやポップス向きで、
  スライド奏法用に材質や構造をオーダーメイドしたもの。
  色はブラック。今のところ、おもに自宅練習用として使用)


 ③アコースティック・ギター (YAMAHA Order-Made)

  いわゆる生ギターってヤツ。(一応ライブ用にピックアップを内蔵)
  ヤマハのギターをベースに、自分でデザインし、材質も厳選した、
  オーダーメイド品。②と同様に、世界に1本しかないギター。
  今までに何本か作ったオーダーメイドの中でも一番のお気に入り。


 ④リゾネーター・ギター (Dobro DM33H)

  いわゆるドブロ・ギターってヤツで、ボディーがメタル製で、
  リゾネーターといわれる鍋状の金属版が共鳴して音の出るギター。
  ブルース、カントリー、ハワイアン・ミュージックによく使われ、
  スライド(ボトルネック)奏法を得意とする僕にとっては、なくては
  ならないギター。



どのギターにも愛着があり、僕にとっては、いずれもなくてはならない
ギターばかり!

今後も、本数が増える事もないし、欲しがる事もない!

これで充分!

浮気もしない!(笑)

ギターは不思議だ!

初めて抱いて弾いたとき、弾き易くて、良く鳴るヤツはすぐに飽きる!

始めは弾き難くて、じゃじゃ馬みたいなヤツ程、弾き込めば、それだけ

どんどん応えてくれる!  飽きない! むしろ・・・可愛い!!

多分僕のギターは他の人にとっては、とても弾き難くて鳴らないはず。

ギターって弾いてやらないとスネルみたい・・・!

だから久し振りに弾くとなかなか鳴ってくれない・・・!

もっと弾いて!って言っている。

まるで生き物!

ギターは不思議だ!


では・・では・・・。



  


2006-11-04 01:40 | カテゴリ:未分類
あげは もブログ復帰したみたいだし、
僕ももう少し小まめにガンバロっと・・・!


明日、南堀江ワールドウェディングで、13:00から、
あげは とミニライブをします。
今日はその打ち合わせに行って来ました。
立地条件もいいし、素敵なお店でした。

店長の桑原さんともお話しをしました。
あげは の旧友だけあって、懐の深い素敵な女性でした。
あげは からはいろいろと聞かされていたものの、
実際お話しをして、こういう人たちのおかげでエンタメ・Wが
支えられているんだなァ~!って事を痛感しました。

明日はガンバラにャ~!!!

あげは は、音にうるさいので(ゴメン!耳がいいので)(笑)
もう一回譜面チェックしてから寝ま~す!

では・・では・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。